刀剣乱舞 本丸博2020 (東京)レポート

1月18日の10時の回のみが当選したので、行ってまいりました。
生憎の雨模様です。しかも後一時雪。

 

ラッピング電車を見かける

山手線なう!

https://chocoden.chobi.net/yamanote/yamanote_now.html

を見つつ、新大久保駅辺りで激写出来るかなと思ったら
ぎりぎり無理でした。残念。

すれ違う刀剣乱舞。

高機動千代金丸(笑)

肉眼ではそれなりに満足する程度にはラッピング見られましたが
乗って中も見てみたいですねー。

 

フラッグなど広告関係

JR池袋駅から向かったので、並ぶフラッグにはちょっとテンションが上がります。

ハンズ横から地下へ。

集合が9:30~50にワールドインポートマートビル4階、展示ホールA(A-2)
ということだったので、それを目指しておりましたので
お店が開いていないサンシャイン初めて入りました。(笑)
まだ人も少なく比較的写真も撮りやすい。

 

待機中もちょっと楽しい

整理番号は 80番台で、9:53くらいにはもう
「いざ出陣!」とスタッフさんが展示会場である文化会館4階へ
誘導してくれました。
看板の『入場者』『お客様』の文字もわざわざマジックで二重線で消して
『審神者様』になっていて、
スタッフさんはチケットもぎるときもいちいち
「審神者様、おはようございます!」
って言ってくれる。
なんか照れてしまいました。(笑)
結婚式場あちこち探してるときに式場の方に
「お嬢様」って言われた時以来のこっ恥ずかしさです。

でも嬉しいですよね。徹底しようとしてくださっているの。

10時になるまで入口前でまたしばし待機。

この時も、「刀剣男士の準備が整いましたらご案内します」という言い方でした。
まるでアミューズメントパークのアトラクションみたい。

 

いよいよ本丸博へ

歓迎の間

一旦こちらに集められます。椅子もありますが全員は座りきれず立ち見。
ここ以外は写真撮影OK、などの注意事項の説明がありました。
そしてここでしか見られない限定映像の上映。
初期刀たちのあの画像が映し出されるわけですが、
ちゃんと順番に喋ってくれるんですよ。
日頃動かない立ち絵で妄想を膨らませている審神者たち。
上映中は静かでしたが、
終わった途端「喋った!」「動いた!(目と口だけですが)」と歓声があがっていました。
新オープニングも流れました。

やっぱり、五年間応援してくれてありがとう、って言ってもらえるの、
こちらこそだよって思うし嬉しいものですね。

 

謝儀の間

跪坐姿の掛け軸がずらりと並ぶ「謝儀の間」。
これだけ並んでいると圧巻です。
それに、荘厳さも感じます。
こんなこと言うと怒られちゃうかもしれませんが
三十三間堂に行った時ずらりと並ぶ千手観音様を見たときのぞくぞく感を
思い出しました。
まぁ刀剣男士も設定としては神様だし間違ってはないはず…。

五周年も過ぎていたので全員が座った状態を見られたのも嬉しい。

 

とある本丸の間

耶雲監督が考えてくださったというとある本丸のジオラマ。
事前にTwitterなんかで感想も見かけていて、とても楽しみにしていました。
単純にジオラマ自体好きですし。

まず公式で、ことあるごとに飽く迄も「とある本丸」って
言ってくれるところが嬉しい。
そして考えてくれたのが映画を撮った監督なのも嬉しい。

メディアミックスと言っても、
一般的には版権渡すだけのパターンも多いのに
本丸博しますよってなったら映画もミュステもアニメも声掛けしてくれるし
掛けられた側もこうやって関わってくれるというのが
愛があっていいなって思います。

映画本丸もこれに準じた感じなのかなーと思ったり。

やっぱり、ゲームの景趣が見えるのはここから、とか
痒いところに手が届く丁寧な作りなの嬉しいです。
ただ和風建築のお屋敷という訳じゃない。
Twitterなんかで既出ですが、教会があったり神社があったり
凄く物語を感じる本丸でした。

ねんどろいどスケールでプラモにして売ってくれないかな……。
因みにうちの本丸はこんな広くないわー。この広さ維持できない。

 

内番の間

手合わせは、ちゃんと各種の木刀が揃っているのが
地味に感心しました。いいなぁ。
あとは根兵糖が思ったより大きいっていうね。笑

畑当番と手合わせは座って撮っても良いということでしたが
もちを並べている人くらいしかいませんでした。
あとは御伴撮影。

馬当番は、桑名江までの81口がランダムで登場するようになっています。
ここ、プロジェクターがリア打ちで、穴も大きめで
正面に来るとめっちゃ眩しい!! ので斜めから撮影。

 

真剣の間

各地でのコラボレーションをまとめたパネルが。
BRUTUSを読んだ時も思いましたが、改めてすごいことだなと。

復元  真
阿蘇神社奉納蛍丸写 影打
太刀 銘 國永
が展示されているコーナーもありました。
真剣を見るのは初めて、という方もちらほらいらした様子。
これが新しい沼のきっかけになったら良いな、なんて思います。

 

メディアミックスの間

舞台とミュージカル、舞台それぞれの衣装やパネルの展示。
モニターに映像も流れていました。

なんとなく、真剣とミュステはあまり人がいない感じがしたので
審神者の中でも嗜んでない方も多いのだろうなという印象。
そういう私も沼に浸かったの最近ですしね。
ミュステ沼も良いぞ…!

と言いつつ、ステを嗜んでいない方にあの2点の衣装は
見せちゃ駄目じゃないのでしょうか。笑

ミュの衣装は薄い布部分に結構ほつれとかがあるのが視認できて、
お稽古含めやっぱりハードだろうなぁと思いました。
三日月と加州、また戻ってきて欲しい。

アニメは花丸は見ていて、続と活撃はちゃんと見ていないので
見直そうかな。

狐があまりに可愛かったので。

 

川柳の間

審神者のセンス、Twitter見ていても脱帽ですが
川柳のコーナーも楽しかったです。
「わかるーw」と言いながらみんなひとつひとつ読んでましたね。

自分が応募したのと似たようなのもちらほらあってちょっと悔しいのと、
東京会場限定なのは寂しいですね。
審神者あるあるがいっぱいなので、みんなが見て笑えたりしんみりしたり
できる内容だったと思います。

 

軌跡の間

五年間の年表パネルの展示。
最初は41口だったんですねー。多いと思ったけど今思うと少ないな。笑
色んな事がありましたね。

 

五周年大祝画の間

祝賀の迫力がすごかったです。
美術館で大きな絵を見た時と同じ気持ち。
きちんとライトアップもされているし、顔のアップもある。

片っ端からスマホで写真撮っている人が多かったです。

ここで御伴で機能で写真を撮っている人が多かったみたいです。

ごろうさんのイラスト。可愛い。

 

グッズ販売&トレーディングスペース

グッズ販売

入口で透明なバッグを貰って購入する
SEIKOコラボの三日月腕時計が展示されていましたし、
タニタさんやU-TREASUREさんのスペースも。
U-TREASUREさんは玉鋼の指輪が欲しかったのですが残念ながら
そちらは無し。蒔絵シリーズは予約受付てくれたので申し込みました。

グッズ売場もレジもそんなに混んでいなくて、オペレーションがスムーズでした。
ランダム商法は憎んでいるのでずっと手を出さなかったのですが
御朱印風クリアファイルの加州と兼さんが欲しくてついに手を出してしまった…。
当初1人5枚まで買えたのですが途中から2枚までに変更になってしまったので
已む無く2枚購入。
加州は無理でしたが兼さんは来てくれました。

ガチャはやや混みだったのと、頻繁に詰まっていましたね。
スタッフさんを呼びに行って、「わかりました」って後ついてきたと思ったら
別の人に「こっちつまりました」って呼び止められて
そっちに行った上、それ終わった後私のことは忘れられていたのは
なんでやねーんって思いましたけど。苦笑
「あとは種類同じなんでこっちでやってください」って言われても
そこは残り数個で欲しいのが入ってないからやりたくないんですよぅ……。

 

トレーディングスペース

半券を持っている人だけが入れるというトレスペ。
覗いてみましたが正直お作法が全くわかりません。
加州のクリアファイル持ってる人は何人もいたけど、
先方が求めているクリアファイルを私が持っていないので駄目な訳で。
一体何人グループで来て協力しあったのか、何十枚もずらっと並べて
フリマ状態になっている人もいました。

後から聞いた話ではトレスペに入る為だけに
本丸博のチケットを買っている人もいるそうで。
私にはまだ早い世界だったようです。

加州はネットで高額転売されているのを見かけましたし
もう手に入らないものとして諦めるしかないですねー。
小夜ちゃん欲しい人いたら声かけてくださいね!

特典付きチケットにしたので頂いたチケットケース。

 

刀剣乱舞-ONLINE- 天空の記憶

腹拵えの後、折角なので展望台も行ってみました。

刀剣乱舞-ONLINE- 天空の記憶 〜サンシャイン60展望台に出陣せよhttps://sunshinecity.jp/file/observatory/toukenranbu/

展望台はものすごーく前に2回行ったことがあるのですが
すっかり綺麗になっていて、ギミックやVRコーナーもできていました。
タリーズもあってここでゆっくりしても良かったな。

展望台「天空の合戦場」に時間遡行軍が出現したので、撃退して
報酬を獲得しよう、というこんのすけからのミッション、というコンセプト。

展望台の中14箇所のラリーポイントに戦闘中の刀剣男士の
パネルが設置されています。
その下に経験値として数字の表記があるのでそれをチェックして、
最後に合計値を提出。

刀剣男士回廊なるコーナーもありました。
81口の男士の顔パネルが飾られています。

あんまりオタクオタクした空間になっていたら嫌だなって思ったのですが
展望を邪魔することもなく、興味ない人にも
なんかやってるんだねーで済みそうな程度で良かったです。
刀剣男士時計のところは流石に混んでましたが、
スペースが区切ってありましたし 端っこだったし。

自分は待ってまで見なくてもいいかなーとスルーしちゃいました。

景品はクリアファイル。3つ折りで刀剣男士たちがずらり。
残念ながらA4より少し細いのでラリー用紙が挟めませんでした。

引き換える時、係員のチェック済スタンプがちゃんと誉になっていて
「おめでとうございますっ」と誉ぽんしてくれたのも
さり気なく嬉しいポイントでした。
別にただの完了スタンプでも誰も文句言わないだろうに
そんなところを凝ってくれるのは有り難い。

パネルの場所や数値は公開しないでとのことなので
ぼかしてあります。

展望台入場料 大人1200円→本丸博チケット半券提示で1000円
参加料金600円
でした。こちらは2月11日までやっているそうなので、
景色を見がてらいかがでしょうか。

本丸博の写真集かパンフ、あとからでも出して欲しい…!