ちなみに、片方は小説で、水戸黄門に出てくるようなという人物描写。もう片方はエッセイで、水戸黄門のあの歌のようにもたもたしていると追いつかれるというくだりだった。

from Twitter https://twitter.com/say_ag

December 30, 2014 at 12:42AM
via IFTTT